トップページ > 加盟店の声

Members Voice 加盟店の声

ホーメスト青山
ホーメスト前橋
ホーメスト紀伊田辺
ホーメスト八戸

ホーメスト久留米
代表取締役 高江 純一

お客様第一主義に徹し、顧客満足に努める。

福岡県南部に位置する筑後地区。文化人・財界人・著名人を数多く輩出してきた福岡第三の都市である久留米の地から36年。
歴史に刻まれた確かな信頼の久留米建設は、地域密着主義によりこれまで3000棟の実績を誇り、安定した企業経営を続けている。
自社ブランド「サンキューホーム」と「くるけんホーム」を展開するなど、きらりと光る企業経営を高江社長に語ってもらった。『くるけんホーム』は、天然素材などを使用した本格的木造注文住宅ブランドになります。
和風にこだわれるお客様は多く、日本の伝統家屋や自然素材を生かした落ち着きのある住宅のご提案をしています。

ホーメスト久留米 代表取締役 高江 純一

Interview

━ 起業の経緯をお聞かせください

元々数学や物理が好きで技術者を目指すことも考えて高校は理系を専攻していましたが、大学では経済を学びました。当時は文系では自由な時間が多くあったので、いろんなことに見聞が広がるかなとそんな軽い気持ちだったんです。大学では空手部に所属し厳しい稽古にも耐え、忍耐と根性がつきました。そんな級友たちと話すことは将来の夢が多く、ほとんどの者が「社長になる」と言うのです。何の社長とか具体的なものはないのですが、とにかく社長になると言ってたのが多かったんですね。そのうち私も「社長になるか!」と思いはじめ、卒業する頃にはスケールの大きな仕事である土木系の社長になると本気で将来の道筋を描いていました。結局元の理系男子に戻ったわけですね。ちなみに高校の同級生にタマホーム社長の玉木君がいます。昔から仲が良く、今でも連絡を取り合っていろいろと情報交換し合ってますよ。
卒業後、東京の土木系コンサルティング会社で3年間営業をし、その後長男でしたので家庭の事情で帰福。地元の建設会社で3年間営業しましたが、ここで建築のおもしろさを知ったわけです。そして、1年間住宅会社で経営のノウハウを学びながら営業を経験し独立しました。なぜ現場でなく営業を主にしたかというと、現場は腕のいい職人さんたちに任せればいいと。私は顧客開拓や全体をプロデュースして家を作る立場になりたかったんですね。要は、社長として動きたかったので営業を主にしていました。振り返ると、経済を学んでいたことが社長業に役立っていましたかね(笑)。

━ 起業から36年の成長の軌跡を教えてください

独立後、一人で地元の人脈を頼りながら営業を始めましたが、当時は現場資材も自分で引き取りに行き、その場で現金決済です。金策に走り回りながらも現場に顔を出しお客様を訪問する。こんな毎日が続きましたが、やりたいことをやっているという充実感があって楽しかったですよ。そのうちに一人では難しくなったので誰かいないかと思い、先に述べた同級生の玉木君に相談したら一人紹介してくれたんですよ。それから現場に強い長年の右腕になる優秀な社員とともに二人三脚です。
そして地元でも名前が知られるようになった頃に、業務拡大を考え住宅メーカーのフランチャイズに入りました。さすが全国展開するメーカーだけに私たちの知らないことや新しい試みを提案されます。モデルハウスの作り方や展示の仕方などもとても参考になることが多かったですね。おかげさまで、さらに業績も伸び筑後地区を中心に営業店舗を7店舗まで開設することができました。
その後、フランチャイズを離れ自社ブランドである「サンキューホーム」と「くるけんホーム」を興し、販売促進を行っています。

━ 御社の業務内容を教えてください

創業以来「お客様感動」をめざし、地域密着型で取り組んできました。お客様の夢や想いを建物という形あるものに変え、幸せづくりのお手伝いをしています。自社ブランドである『サンキューホーム』は、高品質かつリーズナブルな価格で住宅を提供することに成功したオリジナル注文住宅ブランドで日本全国で 店舗のネットワークを確立しています。
『くるけんホーム』は、天然素材などを使用した本格的木造注文住宅ブランドになります。和風にこだわれるお客様は多く、日本の伝統家屋や自然素材を生かした落ち着きのある住宅のご提案をしています。

━ 他社との違い・御社の強みは

アフターサービスの強みですね。作ったものに責任を持つ、不具合ある所は全て見直すことを徹底しています。当社では、半年・1年・3年・5年・7年・10年の定期点検を行うことにしており、その間のお客様からの意見をまとめサービス向上に努めています。
業界内にはアフターは経費を生むだけという考えも一部あるようですが、いいものを作るという理念には反するもので、私には到底得心できるものではありません。過去フランチャイズ時代に、その本部の方に褒められたことがあります。
それは「お客様からのクレームがとても少ないですよ。言い換えれば『技術の久留米建設』ですね」と全国の数ある店舗を基準に評価を得られたことが凄く自信になりました。当たり前のことをやらずして、お客様に納得していただけませんでしょう。
また、半年に一度、これまでご購入いただいたお客様を招いた懇親会を行っています。末永くおつきあいをいただきたいことから、叱咤激励をいただけるいい機会になっています。

久留米モデル屋上

━ 社長が考える経営のあり方とは

私たちを取り巻くすべての方々に『感謝』し、私たちと携われたことに『満足』していただき、すべての方々に『幸福』をもたらせる会社になることを念頭に事業を展開しています。
当社は、創業以来、地域密着主義による総合建築工事を目指し、地域貢献を行う事を目的に建築工事に従事してきました。人々に安心の住宅を届ける建築会社ですから、全従業員には、二級建築士と施工管理技士の国家資格を取得するよう奨励しています。
ここまで来られたのも、お客様の暖かいご支援と、従業員一同の頑張り、協力会社皆様の技術力の賜と感謝しており、街の成長・発展に貢献できる喜びがやりがいとなっています。

久留米モデルLDK

━ これからの新たな取り組みは

いい家づくりを引き続き行っていきます。久留米の地で皆さんに育てていただき、何とかここまでやってこれました。これまで蓄えた技術力を生かしてさらなる飛躍をめざし、JR久留米駅前に8階建てビルの建設を進めており平成27年完成を予定しています。住宅建築を柱に、これからはビル・マンション建設を積極的に進めていきます。
また、昨今問題になっている空き家対策にも注力しており、社内にリノベーション部門を設置しました。利便性のいい立地にある戸建やマンションの空き家は、特にもったいない。新たな価値観を持たせればまた生き返り、人々のもとに戻れるものと思っています。お客様からのお問い合せも多く、反応は上々ですね。
100%の紹介比率をめざそうといつもやっていますが、まだ20~30%くらいですかね。オープンハウスに来られる方を含めれば40~50%くらいでしょうか。
れらの取り組みから、現在20億円程の年間売上を60億円に設定し、従業員一同邁進しています。3倍もの目標設定はかなり厳しいものではありますが、出店計画を加速させるなどまだまだ新しい取り組みを考えながら、筑後地区から福岡県のナンバー1をめざしていく所存です。

━ ありがとうございました

生まれ育ったふるさとを思い、地域愛に満ちた高江社長。
おしゃれでダンディ、ユーモア溢れる話術、人情味厚く、誰に対しても誠心誠意な真摯なお人柄。
皆がその風格を親しみ、家づくりのプロ集団を統率されています。

Corporate information

■ ホーメスト久留米/久留米建設株式会社
代表取締役 高江 純一
資 本 金 4,640万円
創業・設立 昭和54年2月7日
従 業 員 数 53名
売 上 高 19億2000万円(2014年3月実績)
本   社 福岡県久留米市荒木町荒木789-2
TEL. 0942-27-0352 FAX. 0942-27-1606
ホームページ http://www.sunkyu-home.jp/

久留米建設株式会社

<取材日:2014年12月 福岡県久留米市>